2012年10月02日

ごまかしばかりの人生です。   

ハリコ様の雑記09/28より。
鼻とか耳とか局所的な部分だけ、逆光のときに光の透けが再現できないかな?

逆光の時に光が透ける=環境光がどういう状態でも光ってる、と解釈して
逆光。
そういう頂点のアンビエントでなくエミッシブを上げてしまえばいいじゃないという(その分ディフューズを下げてやる必要があります)
ただし完全な暗闇に表示した場合に鼻だの耳だのがうっすら光るという異常事態になりますけど(笑)実際問題こういう事をやりたいモデルはどんな状況でも必ずライトが当たってるはずなので違和感を感じる事は無いんじゃないでしょうかね
ゴマカシですけど描画負荷もかかりませんし(実際に半透明処理なんてやったらすごいコストが)

まあ私の環境だとなぜか画像が表示されないので推測でモノ云ってる訳なんですけども(笑)
(12.10.03 AM01:00追記)
IEだと表示されました。Firefoxだと\は区切り記号にしてくれないんですね。
透過光はエミッシブ、血が透けて赤く見える(訳では無いのですが便宜上そう呼ぶ)感じはアンビエントにちょっと赤を足してやると雰囲気出るようです。


posted by ぼおんぼおん。 at 23:56 | 東京 ☁ | Comment(2) | 小ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと?! ちょっと前からHP作成ソフトを変えまして
リンクの区切りに¥を使っちゃっていました。chromeでは普通に表示できてたので
気づきませんでした。 ありがとうございます。

今更ながら、頂点マテリアル。はじめて知りました。
([マ]ボタンは、ただの面マテリアル画面のショートカットだと思っておりました・・)
これなら超低コストで、キャラの温かみアップですね。

私が今回したかった事は血管の線が見えるくらい大げさに透けて見えて欲しいので、
鼻、耳の部分だけ、赤みがかり、血管の線が描かれたテクスチャが設定された
常に自己照明100のモデルを、平行光源の向きと顔の向きに応じて、透明度を変えてやる。
というものです。 まだ画像加工上でしかやっていませんが、その内E3D上でやってみようと
思います。
Posted by ハリコ at 2012年10月03日 18:52
私ももっと早く気付けよって話しなんですけども(笑)画像のアドレスぐらい見ればいいのに

画面を暗くしてるとどうしても顔が暗く映ってしまうので若干自己照明を上げたりとかはよくやりますね。
サンプル楽しみにお待ちしてます〜!
Posted by ぼおん at 2012年10月03日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。