2011年11月09日

テクスチャアドロウイング。   

ハリコ様の所でテクスチャに直接書き込む実験をしてらして面白そうなので便乗。書き込む個数がスプライト等では有限になるのでテクスチャに直接描画すれば無制限・・・といった趣向。
郭海王
まさか再びこの画像を使う時が来るとは。

ボトルネックになってるのはどうやら描画そのものというかGDIなので、恐らくどんなに高性能PCを使ったとしてもせいぜいが24〜5FPSといった所ではないでしょうか。
ではGDIが遅いならDirectXで描画したらいいじゃないというマリーアントワネット的発想で、レンダーターゲットを余分に1枚用意して描画結果をバッファしてみました。
tex_paint.gif
→ダウンロード
それがしもピクセルシェーダ無し対応ゲームをリリースする漢・・・レギュレーションに遵って古いE3Dでも動くように作ってみました(笑)もうちょっと新しいバージョンだと工程が3つくらい減らせるんですが
そのままでは芸が無いのでフェードアウト機能も搭載。古い円からじんわりと消えていきます。FPS(フレームパーセカンではなくファーストパースンシューティン)なんかの弾痕とかに使える・・・かなあ?背景モデルのUV展開が難しそうですが。

えっ・・・もしかしてHSPの標準命令で描画したかった・・・?


posted by ぼおんぼおん。 at 23:27 | 東京 ☁ | Comment(2) | 小ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、なるほど! 描画結果を保存していけば、
何個でもスプライトを描画した跡が残せますね。
自分のPCだと、なにもいじらず実行すると39~41FPSくらいでした。
しかし必要最低限な部分だけを抜き出せば、512x512サイズのテクスチャで
毎フレーム書き換えても70FPS以上という、[単体]単純な例.hspでは不可能な描画速度が出せました。
しかも、古い円がにじんで消えていくッッ!!
ttp://hariko.hariko.com/2011/spec.jpg

どうやっているのか、検討もつきませんでしたが
ぼおんさんのスクリプトで、レンダーターゲットのテクスチャのフォーマットの
種類によって、こんな効果がだせると知りました。 自分でも試してみた所、新しい事ができそうです^^
ttp://hariko.hariko.com/2011/test.zip
Posted by ハリコ at 2011年11月10日 06:27
描画跡ガ息絶エルマデ止マラヌ無階調レンダッッ!!(唐突なスペック口調)アルファ値が小さ過ぎると完全に消えませんけど

テクスチャフォーマットにA〜を指定するとアルファチャンネル付きになっちゃうので背景が透けてしまうんですね。使い方が難しいです。
テクスチャでなくレンダした画面をバッファしてくとモーションブラーみたいな事も出来ます(ぼかしでなく残像なのでモーションエコーとでも呼びますか)
Posted by ぼおん at 2011年11月10日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。