2010年07月04日

環境マップ。   

久々のサンプルです。久々々々くらいですけど。
いわゆる『映り込み』を表現するエフェクトですね。

全方位のテクスチャを用意して合成するのが一般的なやり方ですが、私には技術的に不可能であるばかりか、この方法だと比較的近くの背景を映り込ませる事は出来無いんですな。例えばトンネルの中を疾走する車とか。
そこで別のアプローチとして映り込みのUV値を操作する方法なんかもあるようです。昔のPS1のゲーム(オメガブースト)とかハリコ様のサンプルがこれですね。これもかなりイイのですが、私のようなショッパいPCだとUV操作のコストが気になります。

そこで、かなり最軽量に近いアイデアが浮かんだので作ってみました。例によってE3Dのサンプルフォルダにパイルダーオンしてください。
なんちゃって環境マップ。
→ソース
やってる事はモデルのテクスチャを複製→背景をレンダリング→複製したテクスチャに合成→モデルに戻す・・・みたいな感じです。
ミラーすらかけてないあまりにも『なんちゃってな』エフェクトですが、そもそもエフェクトなんて『リアルである』事よりも『リアルっぽい』事の方が大事なのです(ぼおんさん今とても深イイ話しました)実装が適当である分だけ低コストなので、あまり深い事は考えずに感じてKnight(台無しです)
とりあえずいくつか制約というか問題点があって
・Zバッファを使ってないので、タコが背景にめり込めない(ver5.2.1.0以降ならなんとかなるかも)
・オブジェクトの動きにはある程度対応しているが、ボーンの動きには反応していない
・UVマップが素直でないと悲惨な結果になる(ミラーも駄目。円筒貼り付けor球貼り付けが理想的。)
などなど、結構めんどくさいですな。あ、あと私はE3D5.1.0.2でチェックしてます。たぶん新しいのでも動くと思いますが、一応。

どっこい増えてるmp3。
前にお借りした曲もいくつかエントリーされてたので、ちょっとBGMを差し換えて遊んでみたりしたんですが、かなりイメージが豪華になりますね。私のゲームはいつも『サウンドだけはAランク』と身内からもよく云われるんですけども(笑)これ使ってたら本当にA評価もらえたんじゃないかって気がして来ました。そのうち差し換えバージョンとか作らせてもらおうかなあ。


posted by ぼおんぼおん。 at 20:13 | 東京 🌁 | Comment(2) | 小ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「なんちゃって」とか言われても、近ごろ車載動画みたいな映像を作りたくて、モデリングの真似事しようとして粉砕した私には高度すぎてわかりません。
ゲームで使うBGMの選定はやはり演出力だと思うのです。いくらいいサウンド使ってても場面に合ってなければ…という具合で。
Posted by DD-HEIN at 2010年07月06日 01:22
車載動画・・・って、モデリング始める目標にしては高すぎませんかハードル(笑)今でも私出来無いかも
いやでも、そもそもいいサウンドが無ければ話が始まりませんから・・・いつもお世話になっております(笑)これからもよろしくお願いします
Posted by ぼおん at 2010年07月06日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。