2010年04月01日

わたぬき。   

遺跡探検アクションゲーム「あんだわ。」


先だって開発が報じられた移植版『あんだわ。』の開発中スクリーンショットが公開された。プラットフォームはMSX。


魔○伝説(笑)オリジナルを極めて忠実に再現したタイトル画面。高度な移植技術がうかがえる。


結構俺頑張った! 開発中のゲーム画面。非常に残念な感じだ。レーダーは8ドット単位なので、ほとんど用を為さない。


無茶ぶりにも程がある。矩形波3和音で再現されたBGMにも注目したい。圧巻は今作の為に再構成されたDONPAN-BEAT-PSG。『せめてSCCぐらい使わせろ』という悲鳴が聞こえてくるようだ。



「あんだわ。」は、主人公となる女の子を操作し、ジャンプと攻撃を駆使して縦穴型の遺跡の最下層を目指すステージクリア型のアクションゲームだ。なに普通に説明してんだよ。


オリジナルは3D描画とはいえ、実際のゲーム内容は完全な2Dゲームだったので内容的には問題なく再現出来ているという。それもどうかと思うが。


なぜ4世代も前のハードに移植を決定したのか?との問いに『マイクロソフトのエックスなんとか』といった曖昧な業務連絡が災いした結果だという。

さすがに途中で過ちに気付いたものの引っ込みがつかなくなり、今さらながら『単色スプライトが1ラインに4枚』『8ドット中2色までのPCG』などの制約が面白くなってしまい開発がダラダラと続行された。業界ではせめてMSX2にならなかったのかと首をかしげているという。


現在の開発状況は樹音響羽様の声をホワイトノイズのスイッチングでどうにか再生させる事まで成功したという。ただしマシンパワーを食いすぎて喋っている間は完全にフリーズした状態になる。解決の目処は立っていない。


バーチャルコンソール等のエミュレーションではなく実機での作動に異常な執着を見せているという。30年近くも前に発売された機械で動かす意義が果たしてあるのか、そもそも動く実機がまだ残っているのかという疑問の声も上がっている。


公開に関しては全くの未定。できるかこんなもん。



【対応OS】

(MSX system version1.0)



タグ:あんだわ。
posted by ぼおんぼおん。 at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(8) | 戯言。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"わたぬきネタ"でもおそれいりましたm(_ _;)m
べつにFC版移植でもいいと思いますけど(笑)

SCCといえば近ごろMSX版スナッチャーのBGM集を聴きまくったばかり。
当時あの音源を使いこなしてやろうと思いましたが、マシン語ばっかりで断念した記憶が…。
Posted by DD-HEIN at 2010年04月01日 00:21
ドット絵の再現度凄すぎてふいた
あの当時らしい臭いがぷんぷんします
Posted by モリハマ at 2010年04月01日 01:56
凝りすぎですよw
色々な意味でw
Posted by ロコモコ at 2010年04月01日 03:42
ネタでここまで!?
Posted by 義 at 2010年04月01日 18:44
>DD-HEIN様
せめてファミコンなら三角波が使えましたね(笑)
SCCって調べてみたらエンベローブを自作しなきゃならないみたいですね。I/O以外にも機械語使えないと厳しそうです。
>モリハマ様
まさに8bit魂(笑)
私は昔、MSXでコラムスとか格ゲーとか作ってたのでPCGは慣れてるんです。さすがにもう忘れてましたけど。
>ロコモコ様
私の無駄なMSX知識をひけらかしてみました(笑)本当になんの役にも立ちませんけど
>義様
やっぱりこういうのは全力でやりませんと(笑)元ネタのイソプレスうおっちが今年は元気無くて残念
Posted by ぼおん at 2010年04月01日 21:24
失礼なこと言います


女の子だったんですねorz
少年かと思ってたorz
Posted by せやしん at 2010年04月03日 03:22
よく考えたらおっぱいありましたしね。
Posted by せやしん at 2010年04月03日 03:23
>せやしん様
あはは、割と目一杯女っぽいプロポーションにモデリングしたつもりでしたが・・・モーションに色気全く無いのが敗因でしょうかね(笑)
Posted by ぼおん at 2010年04月03日 04:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。