2009年07月19日

美女と巨乳。   

またスパムを呼び込みそうなタイトル・・・Amazonから『美女アマンダ』『巨乳ドラゴン』が届きました。

巨ドラは前に出てたA5サイズとほぼ同じなので省略、美女アマンダは短編集で、ここ最近のホラーMに載ってた奴ですね。

■美女アマンダ
表題作です。ホラーMに載ってた時とちょっとだけ変わってますね。結局美女だったのかどうかわからずじまいに。それにしても何故全裸(たぶん体型に合う服が無いからです←この場合の体型ってかなり語弊ありますが)
バスケット詰めて持ち歩く事はないだろと思いました(笑)

■画女
これはひどい(注:誉めてます)怒涛の展開で読み終わった後は内容すっかり忘れて、なんだかやたら面白かったとしか覚えてないような漫画です。エンタメはこういうのがいいですね。今回の単行本で一番好きな漫画です。
とりあえずこういう事態がいつ起こってもいいように絵は上手くなっておきたいと思いました(笑)

■サクリファイス
直球の正統派ホラー漫画ですね。だんな様フリーダムすぎ。

■地獄のてるてる坊主
『友達募集中のパン好き天候娘★』←別にウソじゃありませんが・・・せっかく便利な物もらったんだから捨てないで大事に使えばいいのにと思いました(笑)

■給食の飯田さん
行動はアナーキーですが云ってる事は何一つ間違ってないです飯田さん。我々は今病んだ時代に生きてます。けっこう社会派な漫画。
これはあれですか、『ゴッドタウン・ウーマン(サタニスター(2)のまいにち日記より)』のリメイクでありましょうか(笑)

■刺青消しゴム
書き下ろしのショートです。『一生消えない』のが一種の衒いというかステータスである訳で、簡単に消せたら気軽なファッションになっちゃうんでしょうね。『消せる刺青』を発明したら大もうけできるかも。

久々の単行本、色々載っててお得な感じですが、そろそろ続き物が読みたいな〜と思いました。

さてマジンガーは今回から新展開、いきなり冒頭であしゅら男爵の独り語り(ベタ背景で読者に話しかける永井先生の漫画ではおなじみの例のあれ)から始まってひっくりこけました。やっぱり主役はあしゅら男爵だったんですね(笑)お元気そうでなによりです
あんなにしょっちゅう機械獣が襲ってくるのにしぶとくやってくる熱海の観光客はタフすぎると思いました。マジンガー観戦ツアーとか組まれてるんでしょうかやべえ超見てえ(笑)皆既日食とかどうでもいい



posted by ぼおんぼおん。 at 17:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | 戯言。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。