2009年03月22日

ちょっと微妙。   

Easy3DやRokDeBone2でモデルをインポートしてくと、同じ名前のオブジェクトがたくさん出来ますよね。これ、例えばマップエディタなんか作ってると非常に困る訳です。表示が重いとか以前に、床とか壁とか複数出来ちゃうと当たり判定もままならなくなってしまう訳ですよ。

んで、一度mqoデータで出力してからメタセコで開くと、うまい具合に同名オブジェクト(&マテリアル)が統合されるので、上書き保存してやればいい訳なんですが・・・これだと例えばマップエディタなんか作ってるとやっぱ困る訳ですよ(笑)出来ればHSPだけで処理したい訳です

そこでmqoデータを解析してオブジェクトの統合をするモジュールを作りました。
→ソース
正規のmqoフォーマットに則って処理をしている訳ではないので、場合によって不具合が出るかもしれません。Easy3DやRokDeBone2で出力したmqoファイルだけに使うのが無難だと思います(というかそれ以外に使い道が無いと思います)あと、最適化していないので場合によってメモリを湯水のごとく使うかもしれません。

・・・と、丸一日かけてせっかく作ったんですけども、これがまた非常に処理が遅いです。何秒もかかってしまいます。メタセコで開いて上書き保存すれば一瞬で終わるので、その方がいいかも・・・。

誰かCかなんかで作り直してくれませんかね(笑)


posted by ぼおんぼおん。 at 23:41 | 東京 ☔ | Comment(0) | 小ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。