2014年12月24日

メリクリ。   

とは一切関係の無い記事をお送りしますぼおんさん泣いてなんかいません。
http://i57.tinypic.com/1217v45.jpg

某所で仕入れたネタなんですが市販3Dプリンタの比較だそうです。同じモデルをそれぞれ最高品質設定で出力して比べる訳ですな。Zortraxというのが海外では評判高いみたいです。どんなもんか私もちょっと試してみましたよ(0.05mmピッチのABS)
0.05mm。

まあどうという事はありませんな(ドヤァ)
比べるにはモデルがおとなし過ぎるような気が。特に比較対象にされてるUP! Plus 2の出力はもうちょっとソフトの設定で頑張れるでしょう。
FDM方式である以上ぶっちゃけハードの方はどんだけ精巧・頑丈に作った所で限界があるんですよ。私のはベースがこれ外装を12mmのMDFで作り直したものなんですが格別に出力品質が上がったという事は無いですね。大きさとか重さとか糸目をつけず過剰に作ってるので恐らく市販のどの機械よりもしっかり出来てるはずですけども(あるいは元のmendelの設計が良く出来てるのも大きいです)
そもそも筐体を丈夫に作るのはギシギシ動くのを抑える為なんですがそのギシギシが出力結果に直接出る訳ではありません。実際かなりの振動はあるのですが造形物も同時に動いてるんですから(笑)
結局ハードで一番大事なのはまず何をおいてもホットエンド、その次がきっちり一定量フィラメントを送れるエクストルーダって事になりますかね。筐体はタイミングベルトがたるまない程度に丈夫なら十分です。
この辺を追求してくと前述のZortraxもUP! Plus 2も20万円くらいしますしコストパフォーマンス的に有利なのは自作って事になるんじゃないですかね限界点は決まってる訳ですから。

もっともこれはいささかトリックというかインチキが少々ありまして。
まずメディアにクリアを使ってます。プラモ作る人なら分かると思うんですが透明のプラスチックは普通のに比べて硬いです。これはFDMにおいて反りにくい事を意味します。あんまり硬過ぎてもアレですが程々なら造形に有利です。

いくつかフィラメント使ってみてこのAdhocのフィラメントが程々に柔らかくキレも良いので造形にはこれを使ってます。

ただしいささか柔らかいので強度の必要な部品には向かない気がするのでそういう時はこちらの3DCreatorのフィラメントというように使い分けてます。思わずステマしてしまいましたが是非買ってください(笑)
それから今回みたいに背の低いモデルでは差が出ませんが10cm以上も高くなると・・・私のは造形物がギッタンバッコンと前後に移動する構造になってるのでこの揺れの影響がどうしても出てしまいます。この点H-botと云われるヘッドを前後左右に移動させる機械の方が有利なのは間違い無くそういう条件で比べたら恐らくH-botのZortraxとは比較にならないだろうと思います。

コストパフォーマンスの話をしようと思ってたのに高い機械はやっぱり良いよねって結論になってしまいました(笑)なにこのオチ
posted by ぼおんぼおん。 at 17:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | 3Dプリンタ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする