2010年10月30日

遅延陰影処理。   

Deferred Shadingというのが今の3Dゲームでトレンドらしいです。法線計算とシェーディングを別プロセスにまとめる事によって、様々な効果を効率良く行えるらしいです。よく分からないんですけど(特に透明オブジェクトをどうやって処理するのか分かりません)たくさんライトがある時に有効な方法らしいです。

で、それとは全く関係無い話なんですが、Easy3Dでは同時に使えるライトの数は3つまでです・・・が。
郭海王
※イメージ映像です。ぼおんさんはドヤ顔で生卵を食したりしません。

工夫次第でなんとかならない事もありません。という訳で久々にサンプル。
→ダウンロード
ふんどし源之助。
暗闇で木刀振り回すふんどし源之助の周りを色とりどり27個のポイントライトが周回してます。ついでにバンプ3つと共存出来ないはずの影もオマケしておきました。
例によってE3Dのバージョンはちょっと古いです(新しいのでも動くかどうかはアイドンノウ)実用性は低いのでタネ明かしは各自ソース参照という事でお願いします。
リアルタイムでは使えなくても(私の環境だと40fps出ません)、ムービー作成とかなら結構イケるんじゃないですかね。
posted by ぼおんぼおん。 at 18:43 | 東京 ☔ | Comment(4) | 小ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

そんなハードで、大丈夫か。   

単なる動画でも最近はビットレート高かったりするとコマ落ちするようになりました。フルHDとかやめて。

そんなショッパイPCを相変わらず使い続けてる訳なんですけども大丈夫だ、問題ない。

環境がどんなにハイスペックになっても人間、出来る事には限界がある訳で。
何万ポリゴンものモデルや贅沢なシェーダをふんだんに使ったリッチな画面のゲームを、私が作れるとも思えませんしぶっちゃけ作りたいとも思いません。
スペックと面白さは必ずしも比例しないのです。

ネタばかり先行してるエルシャダイですが、やはり注目すべきはグラフィックで見事に独特の画面を作ってますが、既存の技術で十分再現出来ると思います(所々スゴそうなのがありますけど)これからのゲームはこういうのが主流になって行くんじゃないでしょうかね。

・・・なんて事をHSPTV部門を見てて思いました。Shooting LGスゴ過ぎ。
posted by ぼおんぼおん。 at 03:45 | 東京 ☔ | Comment(2) | 戯言。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。